うれしい ギフト

もらってうれしかった品

友達、同僚、親類など結婚祝いを送る機会は意外と多いですよね。
いざ、選ぶとなると「どんなものが良いんだろう?」と悩みませんか?今回は「もらってうれしかった品」についてまとめました。

アンケート結果で一番要望が多かったのが「現金」です。

味気ない気もしますが、結婚は何かとものいりになってきます。
もらう側の本音としては、挙式、結婚生活の費用に回すことのできる現金は申し訳ない反面、非常に助かるそうです。また、内祝いの金額も決めやすいそうです。

品物で一番多かったのが「食器」です。
しかし、もらう側の意見として「とうぶんは2人なのに大皿は困る」「みんなお皿だったから使い切れない」といった意見もあるので、送る際は周りと打ち合わせしたほうが良いかもしれません。食器同様、長く使える理由から調理器具も人気があります。
鍋やフライパンは大きさや種類が豊富のため指定してもらうと、もらう側も困らないそうです。
圧力鍋、シリコンスチーマーなどは料理好きの新妻は喜びますよ。

キッチン回りの用品は全体的に好まれる傾向にあります。
結婚しても共働きの夫婦は多いので即戦力になりますし、家電製品は新生活が始まっても購入が後回しになりがちなので助かるという人が多いです。

喜ばれる品を選ぶには「新生活の即戦力になるもの」「普段ではなかなか買う機会がないもの」「生活をワンランクアップできるもの」を基準に選ぶと良いです。新郎新婦からリクエストがあるならば、それに応えられるように、ない場合は2人の好みを思い出しながらプレゼントを選ぶと失敗はありません。"

↑ PAGE TOP