ご祝儀 お祝い品 相場

ご祝儀・お祝い品の相場

結婚式や披露宴の形式は時代と共に変化していきますが、基本であるご祝儀は変化する事はありません。

ここでは、知っている人も多いと思いますが再確認の意味も込めて、
ご祝儀の相場と結婚祝の品の相場を紹介したいとおもいます。

ご祝儀は元々、披露宴に招かれた出席者が婚儀にまつわる費用を部分的に負担してあげようという
相互扶助の意味合いがあります。


「折る・汚れる」という意味合いから封入する紙幣は新札を使用しましょう。
また、紙幣の枚数は「幸運の数字」といわれる3枚・5枚・8枚が良いとされ「死・苦」を連想させる4枚9枚をはじめ、6枚も「ろくでなし」という意味があるので避けましょう。

披露宴に出席する場合のご祝儀の相場は友人、知人、いとこ、取引先の場合は3万円、その他親類、姪、甥の場合は5万円、兄弟、姉妹の場合は10万円とされています。

披露宴に出席しない場合は、5千円~1万円が相場となります。

結婚祝の相場は個人で贈る場合は1万円が相場です。ですが、自分の結婚式に出席してくれた人に贈る場合は自分が頂いた額と同額を目安としましょう。

また、連盟の場合は1人5000円とされています。たとえば4人で1人5000円出したとしても、2万円の品を贈ることができるので良い品を贈ることができますよね。

あまり、高価なものを贈ると相手に気を使わせてしまうので程よい金額が理想的です。

以上、ご祝儀とお祝いの品の相場でした。参考になりましたか?相場がわかれば、お祝いの品も選びやすくなりますよね。

私の友人が最近結婚して挙式と二次会両方に呼ばれたのですが、正直ご祝儀に高くついてしまい今月生活ピンチです。。そうゆうときに便利なのがカードローンなんですよね。ダメとわかっててもついつい借りちゃいます。私のおすすめはプロミス。プロミスなら30日間無利息で借りれるので得ですよ^^

参考→プロミスの審査についてはこちらをご覧ください

↑ PAGE TOP