贈ってはいけない お祝い品

贈ってはいけないお祝い品

結婚祝の贈り物にはタブーなものがあるとご存知でしたか?

「本人たちが良ければいいだろう」と緩くなりがちですが、 まだまだ気にする人はいます。配慮としてタブーは知っておく必要があります。

キッチン用品は結婚祝で大変人気があります。ですが、包丁・はさみは「2人の仲が切れる」と連想させるため結婚祝いの品としてはタブーです。
同じく「割れる」を連想させるガラスや陶器はタブーとされていますが、こちらは時代の流れもあり、送ると喜ばれる品にランクインしていることから神経質にならなくてもよいと言われています。

ng

以外かもしれませんが、日本茶もタブーです。
日本茶は香典返しなどに使われることが多く、結婚祝には不適切だとされています。

クシは名前に「苦・死」が入っていますし、欠けるものなので縁起が悪いです。ハンカチは「手巾」と呼ばれます。

葬儀では遺体に白い布がかけられ、別れを意味する事から白いハンカチは特にタブーです。

また、贈る相手との関係によってもタブー品はあります。目上の人には時計などの装身具は「時間を守れ」と連想されるためタブーです。

逆に明るいとらえ方もあります。刃物は「未来を切り開く」といわれますし、割れ物は「幸せが増える」という解釈もあります。

また、よく「偶数は割り切れるからタブー」と言われてきましたが、2の偶数に関しては「ペア」と解釈され問題ないとも言われています。

本人がこだわらないと言っても、目上の方などは礼儀作法やしきたりを大切にしている人も多くいます。最低限のマナーは配慮して贈るようにしましょう。

↑ PAGE TOP