結婚祝い

結婚御祝いの贈り方

結婚をする二人への結婚祝いの贈り物に悩む方は多いと思います。

ご祝儀

長く使われるものが好まれるとは言え、立場が違えば品物も違ってきますし人と品物が被らないかも気になってくるものです。

新生活をするにあたって困らないものを送るのが無難といえます。
ですが、送られる側からは「同じものばかりで収納に困った」という意見をよく聞きます。

贈り物が被らないよう他の人に事前に聞いておくと良いでしょう。
いまでは選べるギフトのような本人たちに選んでもらうという方法もあり、若い方はこちらを好まれる人が多いです。

また「結婚祝い」とは広い意味では現金も結婚祝いに含まれます。結婚式、披露宴当日にご祝儀という形で渡しますよね。
結婚祝いにお皿など陶器を送る方もいますが「割れ物」は縁起が悪いとされているので避けましょう。

通常、結婚祝いを渡すの大安など縁起の良い日に相手の家に伺い直接手渡すのが正式な方法です。

現在は式の1ヵ月~1週間前までに渡すのがメジャーになっています。
遠方に住んでおり直接手渡せないなどの理由がある場合は、メッセージや手紙を添えるのが良いでしょう。

もし、式の前日までに間に合わなかった場合は、後日送るほうが良いです。
具体的には新婚旅行から帰宅している時がベストです。期間が開きすぎてもいけません。

式当日は手荷物が増えてしまうので絶対に止めましょう。贈り物が大きい場合は手渡しよりも自宅に送るほうが相手に喜ばれます。
披露宴に招かれていない、出席できないときでもお祝いは事前に送るのがマナーです。
私も最近友人の結婚式があったので挙式に参加させてもらいました。友人はできちゃった婚でもうすぐ赤ちゃんが結婚祝いはベービー用品にしました。ただ…ご祝儀と結婚祝いでかなりの金欠です。どうしても今月は足りそうになかったのでサラ金から借入して何とかしました。借入したときに驚いたことは専業主婦でも借りれるということ!無職でも配偶者に収入があれば借りれるんだそうです。

参照:即日融資在籍確認なしカードローンの審査が不安な方はコチラ

↑ PAGE TOP